新聞配達のアルバイトをするとなるとどのような仕事をするのでしょうか。配達以外にも仕事があります。

アルバイトの王道 新聞配達業務が知りたい
アルバイトの王道 新聞配達業務が知りたい

アルバイトにおいて新聞配達業務に応募する

毎朝6時頃に起きます。
するとすでに新聞が入っています。
毎日欠かさずです。
1箇月に1度ほど新聞の休刊日がありますが、それ以外は常に入っています。
これは誰が入れているのかといいますと、業者さんになります。
すべての家にではないでしょうが、概ね6時頃には配達をし終えるようです。
ですから、朝の3時ぐらいから配達そされていることもあります。
夏であれば、4時ぐらいから徐々に明るくなり始めますが、冬になると6時頃はまだ暗いです。
その中でも行わなくてはいけません。そう考えると、大変そうだとお思うのですが、興味もあります。
そこでアルバイトで、新聞配達業務に応募したらどうなるかを考えてみます。
どのような仕事になるのでしょうか。


まずは応募ですが、求人雑誌にも掲載されていますし、近くに営業所があるのであればそちらを訪ねてみます。
おそらく常に募集はされていると思います。
メインの仕事は配達になります。
朝の配達を思い浮かべますが、新聞に関しては、夕刊があります。
ですから夕刊の配達を行うこともあります。
朝に関しては誰でも行うことができますが、夕刊の場合は、学生になるとちょうど学校に行っている時間と重なることがあります。
その場合は、授業との兼ね合いでずらしてもらうことができるでしょう。相談してもらえます。
配達の仕事の場合、配達のみではありません。その前の準備も行うことがあります。
新聞にはつきものの折込チラシの準備などを行うことがあります。


最初は配達のみですが、慣れてくれば別の業務も行います。
その一つに集金があります。
銀行引き落としの家もありますが、まだまだ集金が必要なところもあります。
行くと留守のところもありますから、結構大変です。
もう一つ大変な仕事として、営業があります。
新規にとってもらうところを開拓するのです。
これについては、一定のノルマが課されていたり、件数によってボーナスをもらえるところもあります。
ちょっとしたやりがいになります。

おすすめ情報

  • 求人 千葉県の検索は、エリアやこだわり条件で探せるマイナビ。